利用者との金品のやり取り

おはこんばんにちゃわ!

どの業界でも、顧客へ必要以上の代金請求やネットビジネス的な売り付け、金品の受け渡しは大抵禁止だと思います。
(プライベートでの関係上では、この限りではありませんが)
特に福祉や教育の現場だと、利用者と職員の力関係が大きくなりやすい(利用者が断れない)というのもあり厳しいはずなんです。

という訳で、放デイの子どもにカードゲームのカードを売り付けたり交換したりするよう要求するのはアウトでは?
交換ならまだいいのかな。
でも子どもから持ち掛けられたばかりではないし、交換内容が公平かどうかも微妙。
カード1枚と数千円とか、小学校低学年の子とも売買してるってどういうこっちゃ・・・
自治体の条例にも、金品のやり取り禁止と明記されているし。
その7000円で何ができるか、何時間何の仕事すればそれだけ稼げるか考える方が、将来的に役立つことない?
とやんわり言ってみるけれど「俺がいいから、子どもも保護者もいいって言ってるからいいんだ」と・・・
個人的に見て見ぬふりできない事案なので、自治体に確認するとしますか。

まっちゃね~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1248995
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください